第152回展覧会特設ページ

HOME | 第152回展覧会特設ページ

天然記念物指定甲斐犬愛護会第152回展覧会

 
開催日時:2022年10月30日(日)午前7時30分受付開始
                午前8時30分審査開始

               (雨天決行)


開催場所:アイメッセ山梨第2駐車場(ホール建物の東側)

主催: 天然記念物指定会甲斐犬愛護会本部
後援: 山梨県、山梨県教育委員会
    甲府市、甲府市教育委員会
    山梨放送、山梨日日新聞

審査部門:
総合優良犬の部
成犬の部 牡/牝(展覧会当日時点で満2歳以上)
壮犬・未成犬の部 牡/牝(展覧会当日時点で生後6ヶ月以上2歳未満)
※審査犬多数が予想されるため、時間の都合により
  1)壮犬と未成犬の部を一括して壮犬・未成犬の部として審査します。
  2)参考犬の部は設けません。



アイメッセ山梨
 所在地:〒400-0055 山梨県甲府市大津町2192-8

 アクセスのご案内はこちら

必ずお読みください
第152回展覧会についての告知

 
お知らせ、会員専用ページ、ツイッターにも同内容を掲載していますが、必ずお読みいただき、来場同伴者の方々にもお伝えください。
いろいろこうるさいことを申し上げて恐縮ですが、待望の展覧会で残念なことが起きてしまうリスクを少しでも減らすために、何卒ご協力の程お願い申し上げます。
 

 
1. 前日の場所取り、会場内での前泊は不可です。
展覧会前日、本部が本部テントおよびリングの設営を行った後、出入口が施設側により施錠されます。
施錠後に 本部が申請した物品以外のものを 会場内に置かないよう、施設側より厳重に注意されています。
もし置かれていた場合には本部または施設側で撤去します。
 
2. 早朝深夜から会場出入口前に行列しないでください。
6:30開場予定です。
当日の開場(開錠)は本部スタッフが行いますが、会場周囲の道路は非常に狭いため、会場周囲に車で行列されて本部スタッフの車が会場内に入れないと開場ができない恐れがあります。
6:30より前には会場へ来ないよう、お願いいたします。
また、開場時の混雑緩和のため、見学のみの方は開場直後の来場はご遠慮くださいますようお願い申し上げます。

当日早く着きすぎてしまった方のために
参考:近隣の24時間利用可能な無料駐車場がある公園
小瀬スポーツ公園(第2、第3、第4駐車場)
曽根丘陵公園(第3、第5駐車場)
西下条公園
国母公園
 
3. 会場内での注意
①大型テントの設置禁止
会場施設側より、原則として第2駐車場内に本部テント以外のテント設営をしないように言われています。
そうは言っても日除けは必要と思われますので、小型のタープ程度でしたら民家の前以外のエリアで他の車両の迷惑にならないようにしてください。
②火気禁止
第150回展を行った櫛形総合公園と同様です。 
 
4. トイレ
アイメッセ山梨の屋外トイレを使わせていただけます。

5. 昼食休憩とお弁当の配布について
全体の昼食休憩は設けません。
お弁当は、配布時間帯(当日朝ご案内します)に各自お弁当配布所で食券と交換して受け取ってください。
 
6. 閉会後は速やかに撤収・退場してください。
久々の展覧会でつもる話もあろうかとは思いますが、展覧会設備のリース会社が「撤収作業は会場内に人がいなくなってからでないとできない」ため、歓談の続きは場を移して行っていただき、会場からは速やかに退場していただけますよう、お願い申し上げます。

久々の展覧会開催であり、新体制での初めての開催でもあり、いろいろ不備もあると存じますが、天然記念物指定甲斐犬の保存・啓蒙活動として重要な役割をもつ本部展覧会で、来場された方々に甲斐犬三昧の充実した時間を過ごしていただけますよう本部一同精一杯努めます。
皆様と丹精された御愛犬を披露いただけることを楽しみにいたしております。
どうぞ、道中お気をつけてお越しくださいませ。
 

【出陳および来場を希望されている方へ】

 

本会会員の方は、会報第143号掲載の「展覧会ガイド 令和4年秋季版」にしたがってご参加ください。


出陳申込書の追加請求について

  • 会報に同梱される出陳申込書は1頭分のみです。
    2頭以上の出陳を希望される会員は本部まで追加の出陳申込書を請求してください。
  • 追加請求を会報発送より先行してお問合せフォームより受け付けます。
    電話での請求は、会報到着後にお願いいたします。
  • 2頭以上の出陳を希望される会員は、会報に同梱した出陳申込用紙をコピーして申込を
    してください。
    当初は、本部へ所定の用紙を追加請求していただくようご案内しておりましたが、普通郵便の到達が予想以上に遅く、遠方の会員の方はそれでは申込締切に間に合わない見込が高いため、コピーでも可と変更いたしました。
    本部への提出に際しても、郵便の配送が遅いことを念頭に置いていただき、10月17日本部必着となるか郵便局でよく確認いただいたうえで送付してください。
  • 第152回展は、参考犬の部を設けない/審査区分が異なる(壮犬と未成犬を一括して壮犬・未成犬として審査する)ため、使用できるのが今回限りとなります。
    余ったから次回以降に回すということができませんので、本当に必要な分だけを請求してください。
  • 出陳犬多数が予想され、1日で全部門の審査を終えなければいけない時間的な制約がある中で、できるだけ多くの会員の方に参加していただけるように、会員1名あたりの出陳申込は各部門1頭まで、最大4頭までとさせていただきます。
    3年ぶりの展覧会で、出陳したいご愛犬が多数いるとは存じますが、何卒ご了承の上ご協力をお願い申し上げます。
  • 出陳申込書が本部に到達しているか否かは、会員専用ページでご確認ください。
    会員専用ページのログインアカウント(ユーザ名)とパスワードは、会報143号p.9でご案内しております。


来場者名簿兼来場同意書について

  • 新型コロナウィルス感染症対策として、行政の指導により来場者名簿兼来場同意書を提出いただきます。
  • 来場者名簿兼出陳同意書の来場者記入欄が足りない場合には、各自で必要分コピーして記入の上で提出してください(本部へ用紙を請求しなくても可です)。
  • コピーして記載した2枚目以降にも、それぞれ来場同意書の署名捺印をしてください。
  • 展覧会当日は、来場者名簿兼来場同意書の提出は追加分も含めて受付しません。
  • 非会員の方は、会員の同伴者として来場者名簿に記載していただいての来場をお願いいたします。
    非会員の方から、来場者名簿に記載されていなくても見学できるようにしてほしいという御要望がありましたが、
    結論から申し上げますと、今回は御要望にお応えすることができません。
    展覧会を開催するにあたり、後援いただく山梨県/県教育委員会/甲府市/市教育委員会/山梨放送・山梨日日新聞、会場をお借りするアイメッセ山梨に開催要項(いわゆる企画書)を提出して承認を得ています。
    このご時世ですので、新型コロナウィルス感染症対策に関しては厳しく審査されます。
    第152回展覧会の新型コロナウィルス感染症対策(のひとつ)として、「来場者は事前に来場者名簿兼来場同意書を提出した者」と申請し、「それでしたら対策として十分ですね」ということで後援および施設利用の承認をいただきました。
    承認後に開催要項を勝手に変更して何か問題が起きれば、今後、後援いただけなくなったり施設を貸していただけなくなったりしてしまいます。
    本会としても、このような制限は本意ではないのですが、展覧会の開催再開および以降の継続開催のために、何卒、ご理解の上ご了承くださいますようお願い申し上げます。

【来場者へのお願い その①】
新型コロナウィルス感染症感染拡大防止のために下記をお守りください。

 

参加者が以下の事項に該当する場合は来場しないでください。

  • 体調がよくない場合(37.5度以上の発熱・咳・咽頭痛・味覚嗅覚異常・倦怠感などの症状がある)。
  • 新型コロナウィルス感染症の罹患および濃厚接触による隔離期間内の場合。
  • 事前に提出した来場者名簿に記載されていない場合。

 

会場では以下の事項を遵守してください

  • マスクを着用してください。
  • リングサイドでの飲食および喫煙禁止(他人との距離を十分保てない環境でマスクを外す状況を避けるため)。
  • こまめにアルコール(各自で準備)等による手指消毒を実施してください。
  • 必要時以外、他の来場者との距離を十分(最低1m、できるだけ2m以上)確保してください。
  • 大きな声で会話、応援などをしないでください。
  • 感染防止のために本部が決めた措置を遵守し、本部係員の指示に従ってください。
  • 展覧会終了後2週間以内に新型コロナウィルス感染症を発症した場合は、速やかに甲斐犬愛護会本部へ報告してください。
  • 以上に違反した場合、あるいは、前記以外でも本部が感染拡大を助長すると判断した行為が認められた場合には、会場からの速やかな退場を要請します。
  • 度を越して悪質な行為が認められた場合には、威力業務妨害として警察へ通報します。

【来場者へのお願い その②】

 
審査の妨げにならないように

  • リング周辺では、出陳犬の通行を妨げないように、とくに、リングの出入口付近は常に空けておいてください。
  • リングサイドで大声を出したり、大きな音をたてたりしないでください。
  • 審査を控えたハンドラーや犬に無闇に声をかけたり触ったりしないでください。
  • 会場内でのフレキシリード(伸縮リード)はご遠慮ください。
  • リングサイドで食べ物を食べる、見学中の御愛犬におやつを与えるなどは、出陳犬の気が散りますので、おやめください。
  • リング内の犬たちの撮影は可ですが、ストロボは使用しないでください。
    人間の顔や車のナンバーが識別できる写真をネット上(SNSを含めて)にアップロードする場合には、ご本人の許可を得るか、識別できないように画像を加工してください。

 
ゴミ類・タバコの吸殻などは必ずお持ち帰りください。

  • 御愛犬の糞や吐瀉物を含めてゴミ類は必ずお持ち帰りください。
  • 喫煙所は設けませんので、各自携帯灰皿を用意し、吸殻はお持ち帰りください(くれぐれも、会場および周辺に吸殻をポイ捨てしないでください)
  • 展覧会当日は、シルバー人材より清掃員を1名お願いしています。
    放置糞やタバコの吸殻などを見かけましたら、清掃員までお声がけください。